MENU

共働きでご飯作りたくない!サービスを上手に活用して

かつては結婚したら仕事を辞める女性が大半でしたが、1980年頃から結婚後も仕事を続ける女性が増え、今では共働き世帯が半数を超えています。

それに伴い、家事や育児に積極的に参加する男性が増えたものの、まだまだ女性の負担が多い家事。

夫婦で同じだけ働いているのに、帰ってご飯作りにその他諸々の家事が待っていると思うとうんざりしますよね。

こんな時、共働き夫婦はどうしているのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

目次

ご飯作りたくない!共働きなのになぜ女が料理しなくちゃいけないの!?

夫婦で同じだけ働いているのに家事全般まで自分が担っていたり、当初は当番制だったはずが気が付くと自分ばかりご飯を作っている・・・なんてことありませんか。

共働きでなくとも今の時代、女性だから料理をしなければいけないことなど全くありません。

むしろ長い長い結婚生活、全て自分でやり切ろう、完璧を目指そうとするのは良くありません。

今は様々なサービスもあるので、上手に活用して少しでも自分を労わってあげましょう。

共働きでご飯作りたくない!ラクになるサービス

ご飯は作りたくないけれど、毎回外食やコンビニは気がひける・・・。

そんな時はあらかじめ材料が用意されているミールキットや宅配弁当、出前を利用してみてはいかがでしょうか。

今はバリエーションが増え、値段も手頃なものがたくさん出てきています。

順番に見ていきましょう。

ミールキット

ミールキットのメリットはあらかじめ材料が用意されており、「焼く」「煮る」だけで簡単にできることです。

調理時間もほとんどが10~15分程度。

夫婦2人だと野菜を買っても余って腐らせてしまったり、意外と高くついたりしませんか。

ミールキットであれば、注文した人数分の材料が用意されているのでフードロスの心配もありません。

下記にいくつかミールキットを紹介しますが、こちらはほんの一部です。

値段・産地・購入までの流れ等、重要視するポイントによって使い分けてくださいね。

オイシックス

最近でこそ様々なミールキットを見かけますが、オイシックスがミールキットを開始したのは2013年。

ミールキットの先駆けと言っても過言ではありません。

安心安全な素材にこだわっており、バリエーションも冷蔵・冷凍、和洋中と豊富です。

値段は2人前で1500円~2000円前後と高めですが、季節のイベントを意識したキットもあり楽しめます。

基本的に、ヤマト運輸での配送が可能なエリアには対応しているのも心強いですね。

西友やイオン等のネットスーパー

値段を抑えたいという方は、西友やイオン等、スーパーのミールキットがおすすめです。

値段は2人前650~900円前後とかなりリーズナブル。

冷蔵と冷凍のものがあるため、その日に調理できない場合は冷凍のキットを購入し、いざという時のストックとしておいておくのもいいですね。

ただし、ネットスーパーによっては配送対象外の地域もあるため、事前によく確認しておきましょう。

生協

食の安全も気になるけれど、食費は抑えたい・・・という方には生協のミールキットがおすすめです。

ミールキットの内容としては、先に紹介した2社と大きな違いはありませんが、値段が2人前700~1000円前後と、ちょうどオイシックスとネットスーパーの中間のような位置付けです。

生協というだけあって、安心感もあります。

ただし、生協自体は全国にありますが、名称や取り扱っている商品は地域によって異なるため、自分の住んでいる地域の生協の名称と、ミールキットの取り扱いがあるかを事前に確認しておきましょう。

宅配弁当

「切る」「炒める」のも面倒だ!という方には、宅配弁当がおすすめです。

ほとんどが電子レンジで温めるだけで食べることができ、洗い物の手間もありません。

ヨシケイ、ワタミ等大手の宅配弁当

毎日、もしくは注文したい曜日が固定で決まっている場合は、ヨシケイやワタミ等大手の宅配弁当がおすすめです。

どちらも栄養士が監修しており、バリエーションも豊富。

1食300~400円程度と、コンビニでお弁当を買うよりもリーズナブルです。

頻繁に頼みたい場合も、「5日コース」等があるので、メニューがかぶる心配もありません。

生協

ミールキットでもご紹介した生協、実は宅配弁当も取り扱っています。

おかずのみとご飯付きがあり、値段も1食300~500円程度。

冷凍の状態で届くものが多いため、ストックしておくこともできますよ。

出前

以前は出前というと、メニューも限られていて値段も高いといったイメージがありましたが、今はファーストフードやファミレスのメニューも出前で注文することができます。

ただし、同じチェーン店でも出前に対応しているかどうかは地域・店舗により異なります。

事前に店舗で確認するか、自宅付近で出前に対応している店を確認・注文できるアプリもありますので、そういったものを活用してみましょう。

共働きでご飯作りたくない。上手な伝え方

仕事が忙しい上に家事の負担までのしかかると、伝える際もついつい攻撃的な口調になりがちですが、ここは一度深呼吸。

これからの共働き生活を快適に過ごすためにもここは一歩下手に出て、ご飯が作るのが負担だということを上手に伝えてみましょう。

「仕事が忙しくてご飯作りが辛い」と正直に伝え、当番制にしてみるのも良いでしょう。

お金の管理にきちんとしている旦那さんであれば、リーズナブルな宅配弁当を推してみるのも良いかもしれません。

「仕事の後でご飯を作ると疲れてしまう。帰宅後は夫婦の時間を大切にしたい」とかわいくお願いしてみるのもアリかもしれませんね!

まとめ|頑張りすぎないで!便利なサービスを活用して無理のない共働き生活を

共働き夫婦が半数以上を占める今、女性がご飯を作らなくてはならないということは全くありません!

また、手作りが1番といったこともありません。

心の余裕も共働き生活には必要です。

1人で頑張りすぎず、旦那さんや今回ご紹介した便利なサービスに頼って、共働き生活を送ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる